« オークス回顧 オヤジに近づいた天才的騎乗 | トップページ | 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと »

2004.05.28

ダーウィン進化論から見たダービー予想とは?

競馬の祭典、ダービーはもう目前。 スポーツ紙も連日のように一面はダービーの話題で彩られている。 競馬ファンにとって、たまらない一週間だ。 先日、東京スポーツの一面に「ダーウィンの進化論」から ダービー馬を予想するという企画が組まれていた。 記事によれば、アテネのバレーボール五輪代表の平均身長は モスクワ五輪のときより2センチ以上、高くなっているそうだ。 同じく競馬の世界でも、サラブレッドの大型化が進んでいるという。 ダイワメジャー(皐月賞)が528キロ、イングランディーレ(天皇賞)も518キロの巨漢馬。 五千万年前に生まれた馬の祖先、ヒラコテリウムは犬程度の大きさだったそうで、 長い年月をかけて巨大化してきたことになる。

近年の比較でも71年のダービー出走馬の平均体重は458.2キロ、 去年は482.4キロと、この32年間だけで20キロ以上も増えているとか。 そう言われてみると、確かに今年の出走馬に450キロ(前走)を下回る馬はいない。 もっとも軽い馬でもマイネルデュプレの464キロだ。 逆に500キロ(前走)を超すのはアドマイヤビッグ、ダイワメジャー、ハイアーゲーム、メイショウムネノリ の4頭がいる。キングカメハメハはちょっと足りない496キロ、 コスモバルクは478キロ。

大型馬は短距離に向き(ヒシアケボノなど)、 軽量馬は長距離に向く(ライスシャワーなど)と古い先入観では語られてきたが、 距離に関係なく大きな馬のほうが競走には有利なのだろうか。 JRA競走馬総合研究所によれば「長い脚でそれに見合う筋肉量を持っている馬は、 同距離を走ってもエネルギー消費が少ない。その分、長く走れる」ことになる。 筋骨隆々の大型馬はサラブレッド進化の最先端ということで、 記事は526キロのアドマイヤビッグを推して締めくくられている。

大きいだけなら、JRA史上最重量622キロのシルクオーディンはもう少し走っても良さそうだが、 体に見合うだけの心肺機能がなければレースには意味はない。というより、例えそれが真実であっても、 実生活で小柄な私としては、大きな馬ばかりに勝たれるのはどうも合点がいかないのだ。 大きいことは万事よいことだなんて、小兵にとっては夢のない話ではないか。 柔よく剛を制す、これぞ格闘技の醍醐味。先週、ボブサップは藤田和之に敗れ、 オークスは430キロの軽量馬、ダイワエルシエーロが勝ったばかり。 サラブレッド大型化進化論に敢えて棹をさせば、 やはりダービー4強のなかでは、一番軽いコスモバルクを応援したくなる。

|

« オークス回顧 オヤジに近づいた天才的騎乗 | トップページ | 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/667208

この記事へのトラックバック一覧です: ダーウィン進化論から見たダービー予想とは?:

» 速報・東京優駿枠順決定 [競馬ちっくなBlog]
第71回東京優駿の枠順が決まりましたよ 注目のコスモバルクは5枠9番、NHKマイルCの圧勝キングカメハメハは6枠12番、皐月賞馬ダイワメジャーは2枠4番となった... [続きを読む]

受信: 2004.05.28 04:39

» ダービー展望 [競馬予想ノート【Diary】]
今年のダービーは近年まれにみるハイレベルな戦いになりそうです。 上位人気馬3頭はすでに昨年のダービー馬ネオユニヴァースの今頃の力をすでに超えています。 皐月... [続きを読む]

受信: 2004.05.28 16:59

» ダービー その9「騎手」「血統」 [役に立たない?競馬分析blog]
皆さんは、改修前と改修後の東京についてどう考えますか? よく「改修後の東京で・・・」と耳にします。 例えば芝2000mは2コーナーが大きく変わったのでしょうが、 [続きを読む]

受信: 2004.05.28 17:34

» ダービー 予想 [お馬の親子]
日本ダービー(G1)  ◎ダイワメジャー。ダービー勝ち馬を探して皐月賞からスタートし、その後のトライアルや別路線組を行ったり来たりの迷走の末、たどりついた... [続きを読む]

受信: 2004.05.29 12:21

» GI東京優駿(日本ダービー)を観戦&予想しよう [スポコン]
第70回東京優駿(日本ダービー)枠順 (左が枠番、右が馬番) 1 1 マイネルマクロス 1 2 ヴンダー 2 3 マイネルブルック 2 4 ダイワメジャー 3 ... [続きを読む]

受信: 2004.05.29 18:00

» 日本ダービー(東京優駿) [王様の競馬場]
描いた夢を信じたい、情熱のすべてを賭けた挑戦。 第71回 日本ダービー(東京優駿 [続きを読む]

受信: 2004.05.29 23:53

» 日本ダービー 予想 〜コスモバルクに感謝を込めて〜 [Main Race - blog]
今週は日本ダービーですね。やはりダービーともなると流石に気分も高揚します。メンバーも若干のリタイヤ馬(ブラックタイド等)がいましたが、なかなかの好メンバーがそろ... [続きを読む]

受信: 2004.05.30 08:18

» '04 GI 第八戦 「東京優駿(日本ダービー)」 [Turf Watch]
 たとえ、まだ今年未勝利でも信じて押します。  本命はコスモバルクです。確かに輸 [続きを読む]

受信: 2004.05.30 11:44

« オークス回顧 オヤジに近づいた天才的騎乗 | トップページ | 日本ダービー回顧 北の夢、宴のあと »