« 桜花賞回顧 四冠牝馬誕生の予感 | トップページ | 皐月賞回顧 総帥の誤算 »

2004.04.15

岡田総帥の皐月賞予想は?

皐月賞に5頭もの所有馬を出走させるラフィアンの岡田繁幸総帥。 日本一の相馬眼を持つ総帥の皐月賞予想は気になるところですよね。 目立ちたがり屋?の総帥は新聞や雑誌などに予想を語っておられますので、 総帥の発言を探ってみましょう。

まずは本命視されるホッカイドウ競馬所属のコスモバルク。 外厩馬のバルクは総帥自ら調教を指揮するビッグレッドファームの申し子です。 「バルクは胸が深く肩の傾斜もいい」ので、前脚の力が非常に強いのだそうです。 持久力があるので、スタートして3番手あたりにつけ、3角すぎから早めに仕掛ける作戦だとか。 弥生賞後、馬の後ろで折り合わせる訓練をさせており、バルクは メイショウボーラー、マイネルマクロスの後ろに控えて、まくる戦法になりそうです。 「差されるイメージがない」と自信がおありのようで。

そのバルクとは、まだ「1~2馬身の実力差がある」というのがコスモサンビーム。 前走はあきらかにやらずの仕上げで直線はたれてしまいましたが、 「体型的に2000メートルがぎりぎり。皐月賞こそ最高の仕上げで臨みたい」とのこと。 「上がり目はあってもバルクにはかなわない」と言ったかと思えば、一方で 「瞬発力は上だから、4コーナーで1馬身差なら逆転する可能性はあります」と 言ってみたりで、評価は定まりません。まあ、前者が本音かな? 位置取りはバルクの後ろ、中団前方あたりになるでしょう。

共同通信杯でアポインテッドデイを負かしたのがマイネルデュプレ。3勝をあげた北村宏を降ろして、「行きたがる気性なので、馬を騙すのがうまい」柴田善を乗せることになりました。 「末脚は世代で一番」でも「そういう展開になるかが鍵」。 ヨシトミが鮮やかな追い込みでGⅠ制覇って、あんまり想像つかないなぁ。 でも、キングヘイローの高松宮記念がそうでしたっけ。

マイネルブルックはきさらぎ賞でブラックタイドを差しきる大金星をあげた馬です。 しかし、総帥の評価は「皐月賞はきびしい」と意外にも辛口。 どうしても後方からのレースになるので、「直線が短く上り坂のある中山より、直線の長いダービー向き」なのだそうです。「皐月賞は外を回って脚を見極め、ダービーへの見通しを立ててもらう」と、 ハナから皐月賞は捨ててかかっているようです

展開の鍵を握るのがマイネルマクロス。 「ダッシュ力がないので、3ハロンくらいでハナに立つ」。 メイショウボーラーがペースを落とすあたりで、「早めに捕えに行かないと危ない」とのこと。 4角で4~5馬身差のリードがあれば逃げ切りもということですが、 いずれにしろ道中でメイショウボーラーを交わすことは間違いないようです。 鞍上は後藤ですので、思い切った戦法にも躊躇がないでしょう。

で、総帥のお考えとしては、 ①先行勢はマクロスで潰す、②そこへバルクに襲いかからせ粘り勝ちを図る、 ③万が一、差し馬有利の展開でバルクが差されるかもしれないが、 ④その時、差しきるのはブラックタイドではなくデュプレだろう。。。 ということで、いずれにしろラフィアンの馬が勝つって結論らしいです。 果たして、総帥の千里眼やいかに。

|

« 桜花賞回顧 四冠牝馬誕生の予感 | トップページ | 皐月賞回顧 総帥の誤算 »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

ん~答えは当日の彼の財布にあると思いますよ。

投稿: ぜあみ | 2004.04.15 21:09

まあ、5頭も6頭もいれば、どんな作戦でもできるでしょうねー。最大のテキは夫婦喧嘩か? コスモVSマイネルになったりして…。

投稿: ニシムラヨシトモ | 2004.04.16 18:41

マクロスの出遅れで岡田総帥の計算は狂ったかもしれません。
でも、ダイワメジャーが怖いと言っていたそうですから、財布はパンパンだったかもしれませんねぇ。

投稿: うまむ@管理人 | 2004.04.18 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜花賞回顧 四冠牝馬誕生の予感 | トップページ | 皐月賞回顧 総帥の誤算 »