« 追悼 竹本貴志騎手 
二浪の困難を乗り越えたルーキー
| トップページ | NewsCheck 馬耳東風@nifty! »

2004.04.06

大阪杯回顧 GⅠ勝てない病の処方薬

先週、ゼンノロブロイの騎乗をみて、 「ヨシトミって、ここぞという時にヘグリますねぇ」と書いたばかりでしたが、 今週のダービー卿CTでも重賞での勝負弱さを出してしまいました。 データからはヨシトミの1番人気ウインラディウスで鉄板だったんです。 骨のあるメンバーも見あたらないし、軸はこの馬で堅いと判断しました。 しかし、内に閉じこめられ、馬場の悪いところを通らされ、 直線でも馬群をこじ開けなければならず。結果クビ、クビの3着。 外を回したマイネルモルゲンとマイネルソロモンのワンツーで決まりました。 もうちょっとどうにかできなかったかなぁ。>リーディングジョッキー様。 「馬場の悪い内側を通ったからかな」って、分かってるなら外に出してください (;_:)。

メインはダメでも平場は怖いヨシトミさん。最終レース、 BOXに1番人気タイキダイナスティを追加。 後方、馬群に揉まれて11着…。ヨ、ヨシトミ、駄乗連発じゃねぇかよ。 代わりに切った内田博の馬が2着に来てんじゃなぇかよ。取り損ねた。 と呟いていたら、こんな記事が。
>>柴田善臣騎手が急性気管支炎による体調不良で乗り替わり
体調悪かったのか。土曜の競馬は見てなかったので知らんかった。ならば尚更、買ってはいけなかった。

西は盾への最終便、大阪杯です。 ネオユニヴァース、アドマイヤグルーヴの巨頭がいますが、 鉄砲はめちゃくちゃ走るトライアルホース、バランスオブゲームから。 カッチーが東のウインラディウスを蹴って、西上したのも脈があるからこそ。 思い切った逃げでファンを沸かせてくれるに違いありません。 ところが、カッチーはバラゲーを3番手に抑えてしまいます。 マグナーテンは気分良く平均ペースで一人旅。 4角でバラゲーより早く仕掛けたのがネオユニヴァース。 先に行かれたらバラゲーに勝つチャンスはゼロです。 ネオはしぶといマグナーテンを競り落として1着。 59キロでもダービー馬の貫禄を見せつけました。 カッチー、もっと前に行ってくれよん。 こんな消極的な競馬してたら、GⅠ100連敗どころか、200連敗しちゃうよ。

ヨシトミとカッチー。10年前は岡部ラインのこの二人が 美浦を代表する騎手になると誰もが信じていたものです。 いつからGⅠ勝てない病に罹ったんだろうなぁ。 ふたりに共通するのは初GⅠ勝ちがヤマニンゼファーだった点。 ゼファー魂が必要かな、こりゃ(意味不明)。

そんな私の不満も、この人の比ではなかったようです。 レース後、3着カンファーベストの藤田伸二は怒髪天をつく様子だったとか。 「手応えなく追っつけて2番手にいる馬がいる」 「2馬身損した。まともなら100%勝っていた」と大荒れ。要は 4角手前で勝ち目のない吉田稔のブルーイレヴンに邪魔されて、追い出せなかったらしい。 「田舎の騎手ふぜいが、馬場掃除の馬に乗って余計なことするんじゃねぇ」って感じですか。 さすが、一匹狼の暴れん坊、問題児・藤田ですな。 でも、関東のふたりに欠けているのは、このパワーとふてぶしさ なのかもしれませんね。 GⅠ勝てないのは、技術が劣っているわけではないのですから。 たまには競り合った騎手の頭をゴール後、ひっぱたいてみたら?>カッチー殿

|

« 追悼 竹本貴志騎手 
二浪の困難を乗り越えたルーキー
| トップページ | NewsCheck 馬耳東風@nifty! »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

善臣J、好きなんですよ。
東北生まれそのものって感じで、華がない男ですね。
GⅠだけではなくメインでも怪しい男でしたが、この頃では
3着あたりに持ってくるようになってますよ。

投稿: ぜあみ | 2004.04.06 06:41

一皮むけてほしい!というのがヨシトミとカッチーへの私の感想です。下手でないのは周知ですからねぇ。

投稿: うまむ@管理人 | 2004.04.06 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追悼 竹本貴志騎手 
二浪の困難を乗り越えたルーキー
| トップページ | NewsCheck 馬耳東風@nifty! »