« フェブラリーS回顧 夢広がるドバイWC | トップページ | フィリーズレビュー回顧 桜開花予想 »

2004.03.03

中山記念回顧 大統領の評価は?

先週半ばから5連休をいただきまして、これが正月休みって感じになりました。2泊ほど大阪、神戸を旅行したほか、打ち捨ててあったPCのデータを消した、新しいアンチウィルスソフトを入れた、車を実家にあげにいった、散髪に行った、歯医者に行った、英会話の時間を変更したetc。。。休みというのは実に仕事以外のことができるんだ!と、労働者の権利をひさびさに噛みしめた次第^^;。っていうか、用事ためすぎ。7年前に買ったPCのなかには、初めて出したメールや、読者から受け取ったメールもあったりして、非常に懐かしかったですねぇ。ほんとはこのサイトの引っ越しもしなくてはならなかったのですが、そこまでは手が回りませんでした。実はインフォウェブのサービスがとうとう終了し、ニフティのサーバーに移転しなくてはならなくなったんです。こればっかりはちゃんとしないと、サイトが消えてしまいますからねぇ。相互リンク先にURLの変更依頼するのも大変なんですよー。

でで、競馬の話に。東は安田記念、天皇賞へとつながる中山記念。本命は上がり馬、プリサイスマシーンにしました。中日新聞杯の勝ち方も良かったし、成長力ありそうなマヤノトップガン産駒ですし。レースはローエングリンのハイペースの逃げ。1000メートル通過が57秒6、これは厳しい流れだなぁ。マイソールサウンド、プリサイスマシーンが好位で続き、その後ろにサクラプレジデント。この速い流れでも武豊はプレジデントを折り合わせるのに一苦労していました。それでもプレジデントは勝負所でゴーサインが出ると、粘るローエングリンもアウトオブ眼中で2馬身半差、レコード圧勝。後方一気に追い込んだサイドワインダーが2着、ローエングリン3着、プリサイスマシーンは4着。プレジデントにとってはこの上ない理想的な流れになりました。プレジデントの今年のベストバウトになる可能性大かと。安田記念で1番人気になるようなら危険だと思います。中山記念はすべての条件が嵌った結果ですから。叩いて上積みありなんて、間違っても思わないほうがいいのでは。プリサイスマシーンはGⅠ級とはこれぐらいの差があるってことでしょう。メンバーの落ちるGⅡなら、チャンスはあります。

西は高松宮記念の前哨戦、阪急杯。人気のギャラントアローがハナを切るまでに脚を使って、直線で失速。ハイペースを中団から差してきたサニングデールが1着。シーイズトウショウが2着、テンシノキセキ3着。本番は坂のない中京コースですから、この着順を鵜呑みにはできません。特に5着のキーンランドスワンあたりは平坦で巻き返してもおかしくありません。

あと、そう言えば、一通の驚愕メールを連休中に受け取りました。差出人は巷を賑わしているヤフーからです。「容疑者が保有していた情報につきましては、ソフトバンクBB株式会社が照合作業を行った結果、誠に遺憾ながら※※様の情報に関しても流出していることが判明いたしました」オレの個人情報も流出してんのかよ(゜◇゜)ガーン。ヤフーの個人情報管理の杜撰さに関しては、いろいろと批判されている通りだと思います。それにキャンペーンの度に勧誘の電話をしてくること自体、下請けやバイトにユーザー情報を晒していることになるわけで、普段から個人情報を取り扱っているという意識が低かったんでしょうね。架空請求詐欺が横行する昨今、住所と電話番号が併せて漏れたのは不安です。とりあえず、500円の商品券は要りませんので・・。

|

« フェブラリーS回顧 夢広がるドバイWC | トップページ | フィリーズレビュー回顧 桜開花予想 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェブラリーS回顧 夢広がるドバイWC | トップページ | フィリーズレビュー回顧 桜開花予想 »