« AJCC回顧 貴重な父系継承へ期待 | トップページ | 映画「シービスケット」評
つまずきを恐れない勇気と優しさを  »

2004.02.03

東京新聞杯回顧 弱気な予想に喝!

寒い日が続きます。競馬は中山から府中へと舞台チェンジ。開催替わりの馬場はよさげで、こういう時は府中でも前残りになりやすいんですよねぇ。日曜メインは東京新聞杯。そんな開幕週の鉄則を横目で流しつつ、本命は1番人気の追い込み馬、サイドワインダー(^_^;)。トニービン産駒だし、マイルは安定してるし、好きな馬だし・・。危ないとは思いつつも◎にしてしまうんだよなぁ。弱気な予想です。

ミッドタウンが抑え宣言をしている以上、レースは速くなりません。殿人気のゴールドメーカーがハナを切るペースはスロー。後方待機策のサイドワインダーは複勝圏にも届かず4着まで。勝ったのは掛かり気味に先行したカッチーのウインラディウス。この馬、京成杯AHでは本命にしたんですけど、スローの上がり勝負でくるとは思わなんだ。2馬身差でプラス20キロで出てきたクラフトワーク。馬体重発表後に人気が急落したのですが、上がり33秒3はお見事でした。ポジションもサイドワインダーと変わらない位置でしたから、その力を認めざるを得ません。

3着キスミーテンダーは休み明けも仕上がっていました。サイドワインダーは自身も33秒6であがっているのですから、凡走とは呼びづらいかな。展開も向かなかったし、使い詰めで上がり目もなかったということでしょうか。だから、危ないと思った1番人馬を軸にしちゃいけないんですよねぇ(;_:)。でも、次走、人気になったウインラディウスを買ったりして、ホントに学習能力ゼロだねって、ことにもなるやもしれませんが。

西はこちらもマイル戦、京都牝馬S。シーイズトウショウ、マイネアイル、オースミコスモをピックアップ。あと1頭入れてBOXにしましょう。チアズメッセージも怖いけど、当たってほしいので1番人気ピースオブワールドにすっかな。2着にマイネアイルが逃げ粘ったものの、好位から伸びたチアズメッセージが完勝・・。ピースオブワールドは6着でしゅか。馬連65倍。敗因は自分の馬券に積極性がないことだなぁ。東京最終で32倍をゲットしたものの、この日の収支は大幅マイナス。今週は自分に喝を入れなきゃならんと思っております。

|

« AJCC回顧 貴重な父系継承へ期待 | トップページ | 映画「シービスケット」評
つまずきを恐れない勇気と優しさを  »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

確かに当たりたいですからね・・・1番人気に寄ってしまうのは人の情といったところですか。
自分にも思いきり思い当たる節がありまくりで。。。  いくら穴狙いとはいっても1番人気は
「一応」抑えておく・・・この「抑えておく」が曲者ですか。
京都牝馬S・・・惜しかったぢゃないですか。こちらも東京新聞杯はカッチーにやられまして。。。
クラフトワーク頑張ったんだけどなぁ。。。などと徒然と書いちゃいました(微笑) ではでは。

投稿: ひ~ろ@「星に、願いを」 | 2004.02.06 00:15

穴狙いならずっと穴狙いにしないと難しいのかもしれませんね。そんな勇気もない私は一生、こんな悩みを持ち続けるのかなぁ^^;

投稿: うまむ@管理人 | 2004.02.09 23:34

この記事へのコメントは終了しました。

« AJCC回顧 貴重な父系継承へ期待 | トップページ | 映画「シービスケット」評
つまずきを恐れない勇気と優しさを  »