« きさらぎ賞回顧 競馬場で牛丼(゚д゚)ウマー | トップページ | 中山記念回顧 大統領の評価は? »

2004.02.26

フェブラリーS回顧 夢広がるドバイWC

ここ数週間の忙しさで、競馬は全くリアルタイムでみれませんでした。2004年一発目のGⅠ、フェブラリーSもJRAのレーシングビュアーが初見でした^^;。1着アドマイヤドン、2着サイレントディール。馬単710円の抑えで馬券は的中していたものの、レースの感想としては「アドマイヤドンよりサイレントディールのほうが強くみえる・・」ってこと。確かにアドマイヤドンは後手を踏んで、後方2番手からの競馬を余儀なくされました。でも、結果的にはこれがオーライ。スローで流れる馬群の外を回って、じっくり追い出すタイミングが計れました。逆に1枠からスタートしたサイレントディールは、直線でも二度のブレーキをかける不利があったものの、すばらしい切れ味で差してきました。ともに不利がなければ、マイルでは互角ぐらいの実力がありそうです。

この後、アドマイヤドンはドバイへ。サイレントディールもドバイWCではなくシーマクラシック(芝2400)に招待されています。もしかしたら、ドバイWCのほうに出走できる可能性もでてきたとかで、世界の強豪相手に日本代表二騎が挑むことになったら面白いですね。この2頭とも芝の重賞を勝っているわけですが、向こうの速いダートを走るには芝適性は必須条件です。ライブリマウントのようなバリバリのダート馬でなく、トゥザヴィクトリーのような芝馬のほうがむしろ好走しちゃったりするもんですから。それだけに今年はチャンスがありとみます。

土曜日の京都記念ではシルクフェイマスが5連勝を飾りました。父のマーベラスサンデーも古馬になって6連勝していますから、フェイマスは父の遺伝子をそっくり受け継いでいるのかもしれませんね。そうなると、天皇賞春はちょっと長いのかなぁという気がしないでもありません。使い詰めで良くなるタイプでもなかったですから、この後はぶっつけで盾盗りに行くのがいいのではないでしょうか。うちの3歳馬シルクグレイスフル(ジャスティスの全妹)もデビューに向けて順調に厩舎で仕上げられているようで、フェイマスにあやからせてもらいたいところです。

ところで、とうとう買ってしまったんですよ。「ギャロップレーサー7」。いままでと決定的に違うのはオンラインで多人数と対戦できるという点。ここに惚れて購入したのですが、届いてからネットワークアダプター(モデム)だけではなく、ハードディスクドライブが必要だということに気づかされましたTT。いや、私のPS2は初期ロットなので、「BB Unit」が取り付けられず、外付けの製品を買わなくてはならないのです。ふたつ併せて1万6000円以上かかったわけで、 PS2の壊れやすさを考えると新品を注文したほうが良かったのかも。まあ、なんやかんや言いながら、本日、初めてオンライン対戦。オフラインもやらずに挑戦したので、出遅れ、かかりまくり、閉じこめられまくり^^;。初戦はポートブライアンで日本ダービーを逃げてました・・。騎手名は「しーびす」にしたので、今週末でもみかけたらチャットで声をかけてくださいね(ちとはオフラインで練習せねば)。

|

« きさらぎ賞回顧 競馬場で牛丼(゚д゚)ウマー | トップページ | 中山記念回顧 大統領の評価は? »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/234782

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS回顧 夢広がるドバイWC:

« きさらぎ賞回顧 競馬場で牛丼(゚д゚)ウマー | トップページ | 中山記念回顧 大統領の評価は? »