« 京成杯回顧 東の総大将出現 | トップページ | 東京新聞杯回顧 弱気な予想に喝! »

2004.01.27

AJCC回顧 貴重な父系継承へ期待

先週、障害入りを決め、新たな期待をしていたばかりの愛馬シルクディヴァイン。しかし、練習で飛び越えを拒否したらしく、あえなく引退を決められてしまいました。充実期を長い休養で棒に振ってしまったこともありましたが、入着賞金を稼いでくれる馬主孝行な馬でした。叶うことなら、幸せな第二の人生があらんことを。

AJCCはワールドスケールを本命にしました。金杯で儲けさせてもらったこともあるけど、この低レベルメンバーではこういう将来性のある馬に勝ってもらわないと楽しみがない。見渡すとダンツジャッジ、ウインジェネラーレの3強?が抜けてるし。レースは2年8ヶ月ぶりルゼルのスローな逃げ。前に行かなきゃいかないペースなのに、ワールドスケールは出遅れて後方から(/_;)。もはや間に合わないと勝春も思ったのでしょう、直線では最内をつく攻撃的な戦法。まあ、見せ場は一瞬あったものの7着まで。

勝ったのは瞬発力勝負で距離不安も関係なかったダンツジャッジ。2着に下馬評通りウインジェネラーレ。ダンツジャッジは上手に折り合えるようになりました。宝塚記念あたりを目指すんでしょうが、良い線、行くかもしれません。父ウォーニングは亡くなりましたが、三大始祖の一頭、ゴドルフィンアラビアンの血を受け継ぐ貴重な父系。血を伝えていってほしいですね。

ところで、102連敗中のハルウララに武豊が乗ることが決まったそうですね。3月22日に高知競馬場で行われる黒船賞でノボトゥルーに騎乗予定があり、その日の最終レースで手綱をとるらしい。おそらく天才騎手を持ってしても勝てなかった馬になるんでしょうなぁ。いろいろ言われてはいますが、大して金にもならない地方にせっせと出かけていく武豊は、誰よりも日本競馬の振興を考えている人間なのかもしれません。年間200勝の記録以上に彼のこうした行為に頭が下がります。

|

« 京成杯回顧 東の総大将出現 | トップページ | 東京新聞杯回顧 弱気な予想に喝! »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京成杯回顧 東の総大将出現 | トップページ | 東京新聞杯回顧 弱気な予想に喝! »