« 金杯回顧 幸先良い49倍的中! | トップページ | シンザン記念回顧 »

2004.01.10

2003年JRA賞決定 投票内容の完全公開を

2003年のJRA各賞が発表された。今年は例年になく平穏、妥当な選定だったのではないかと思う。年度代表馬には天皇賞秋・有馬記念を勝ったシンボリクリスエスが選ばれた。同じ古馬GⅠ2勝のヒシミラクル(天皇賞春・宝塚記念)、クラシック二冠のネオユニヴァース(皐月賞・ダービー)、牝馬三冠のスティルインラブ(桜花賞・オークス・秋華賞)らを抑えての受賞。年度代表馬は実績だけでなく、ファンへの印象度が加味されて決定されるとすれば、有馬記念の9馬身差勝利は受賞理由に十分なインパクトがあった。もし、スティルがエリザベス女王杯も制して、牝馬GⅠ完全制覇を成し遂げていたら、状況は違っていただろうが。

一昨年、スプリンターズを勝ちながらに選に漏れたビリーヴも、今年は高松宮記念を勝って文句なく最優秀4歳以上牝馬に選ばれた。一昨年、ビリーヴは牝馬限定レースに出走しなかったばかりに、一部?の記者に牝馬との認識を持ってもらえなかったのが落選理由。どうみても牝馬限定GⅡ勝ちのダイヤモンドビコーより下に見られる由はなかっただけに、今回の受賞で関係者は胸のつかえが取れたのではないだろうか。時折、おかしな票が入ることもあるが(最優秀父内国産にテイエムオペラオー!?など)、投票権者は少なくとも重賞ぐらいは、年間を通して観戦している記者に限定してほしい。最優秀4歳以上牝馬、最優秀障害馬に多数入れられた「該当馬なし」の票は、「私は競馬を観ていません」と宣言しているようなものだ。

そのおかしな票だが、投票記者の知識不足の他にも、関係者へのごますり、受け狙いといった種類のものもある。今年も少数ながら首をかしげざるを得ない票がみられた。具体的には最優秀父内国産馬「カンファーベスト」「ウインブレイズ」、最優秀2歳牡馬の「シェルゲーム」、最優秀2歳牝馬「ダンスインザムード」「マルターズヒート」などだ。もちろん、どの馬に投票しようと、それは記者の自由意思だ。だが、冗談半分で投票行動をとるのなら、後世に語り継がれていく「JRA賞」を選ぶべき権利はない。投票者はヒシミラクルよりカンファーベストが最優秀父内国産馬に相応しい理由を書くべきである。信じられないことに、記者のなかには投票内容の非公開を希望した者もいる。JRAは投票者全員の一覧と内容を公開し、記者に選定理由を書かせるべきだ。そうすることで、責任ある投票は期待でき、ろくろくレースも見ていない名前ばかりの記者を排することもできるはずだ。

|

« 金杯回顧 幸先良い49倍的中! | トップページ | シンザン記念回顧 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

そうですね。とりわけ最優秀障害馬で入れられた「該当なし」の多さには呆れるばかりです。なにをもって「該当なし」なのか・・・というか管理人さんの言われる通り、おそらく障害馬についてはレース見てないのでしょう・・・ それでもプロか!と小一時間ほど説教したい気分(以下略)。  投票する側の研鑽を願いたいものですね。

投稿: ひ~ろ@「星に、願いを」 | 2004.01.12 22:42

いや、本当です。説教してやってください^^

投稿: うまむ@管理人 | 2004.01.15 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金杯回顧 幸先良い49倍的中! | トップページ | シンザン記念回顧 »