« JRA新キャラクターはキティ系 | トップページ | 東京大賞典 ビワシンセイキの自在性に期待 »

2003.12.23

フェアリーSほか回顧

師走競馬の3週目も中山、阪神、中京で3重賞が行われました。中京はスプリント戦のCBC賞。5頭馬連BOXという多点買いも2着のカフェボストンニアンは抜けました。勝ったシーイズトウショウは好位でスムーズに流れに乗ったこともあるけど、秋以降、すごく身が入ってきているようです。アンカツの兄、安藤光騎手の好騎乗も良かったですね。ビリーヴ2世を目指して、来年のスプリント路線を引っ張ってほしいです。

中山は2歳牝馬のフェアリーS。データ解析の予想はこのレース、本命は1番人気のマルターズヒートです。500万レベルのメンバーなら、ファンタジーS3着の実績は抜けています。バルジュー鞍上のマルターズヒートはポンと飛び出すと、4角では2番手に進出。絶好の手応えで3馬身差の楽勝でした。とはいえ、桜花賞やNHKマイルCにつながるようなレベルではないと思いますが。2着に後藤のホシノピアス。初芝で軽視してしまいました。3位入線のレイズアンドコール(北村宏)はケイジーロマン(斉藤正)の進路を妨害して落馬させたとして失格になりました。パトロールフィルムをみると急に切れ込んでいましたが、不注意かつ不要な進路変更でしたね。

阪神は阪神牝馬S。注目はもちろんファインモーションですが、それでは面白くないのでハッピーパスから枠連総流し! ペリエは完璧にハッピーパスを操りましたが2着まで。1着のファインモーションには及びませんでした。枠連670円はトリガミです。これってユキノサンロイヤルから枠連流ししたディセンバーSと同じ展開じゃん(T.T)。ファインモーションはやっぱりマイラーなのか。来年の目標は安田記念らしいですが、去年の今頃は超怪物級の期待がかけられていただけに、現実的な評価が下って少し寂しいですねぇ。

ところで、関東リーディングは柴田善が121勝で独走中なのですが、その柴田善が日曜6Rでレース後に馬に蹴られてケガをしてしまいました。この日のレースは全て乗り替わりとなったのですが、有馬記念には何が何でも騎乗するつもりのようです。何しろ有馬記念はゼンノロブロイという勝負になる馬がいますからねぇ。リーディングをとってもあまり人気のない、評価も高くない柴田善。その理由はGⅠ勝ちからしばらく遠ざかっているところでしょうか。これまでGⅠはヤマニンゼファーやオフサイドトラップで5勝しています。もっとも新しいのは2000年の高松宮記念(キングヘイロー)ですから、3年以上前ですね。有馬記念では意地を見せてくれるんでしょうか。

一方、関西リーディングは当然、武豊なわけですが、1週を残してJRA199勝と、前人未踏の200勝に王手!本当はファインモーションで決めるつもりだったと思うのですが、9Rのダート戦で川島の殿一気でハナ差やぶれるという計算違いがあったため、最終週まで持ち越されました。って、武豊って、本当に食えない男ですよねぇ。

|

« JRA新キャラクターはキティ系 | トップページ | 東京大賞典 ビワシンセイキの自在性に期待 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

武豊、200勝を土曜日で決めましたね。日曜はおしくも有馬で2着でしたが、今日の大井の大賞典では見事優勝。なんだかんだいって今年も武豊の年なんでしたね・・・

投稿: ひ~ろ@「星に、願いを」 | 2003.12.30 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JRA新キャラクターはキティ系 | トップページ | 東京大賞典 ビワシンセイキの自在性に期待 »