| | コメント (12)

2017.04.26

フローラSを終えて 混沌とする牝馬クラシック

「ことしの3歳牝馬は最強世代」なる下馬評は本当だったのか。フローラSを終えて、そ うした思いを強くしたファンは多いだろう。寒竹賞で牡馬を豪快に差し切り、この世代 の評判をいっそう強固にしたホウオウパフューム。スローペースに絡め取られたとはい え、見せ場もなく着外に敗れてしまった。前走の内容を考えれば走らなさすぎではある が、陣営も「横綱相撲で勝てるほど甘くなかった」と言っているように力負けとされて も仕方ない結果だった。レースは内を伸びたハービンジャー産駒のワンツー。長い芝丈 が合うのか、この時期が得意なのか。モズカッチャンの勝利は鮮やかで、ヤマカツグレ ースも血統的に魅力的ではあるが、勝ち時計は平凡でオークスにはつながらないと思う 。3着のフローレスマジックが本番までに調子をグッとあげてくれば怖いが、兄弟のよ うに本格化は秋以降だろう。

桜花賞の前は、絶対女王ソウルスターリングに、別路線を進んできたアドマイヤミヤビ とホウオウパフュームが挑むというのが、牝馬クラシックの構図だった。そして、フラ ワーCを制したファンディーナはダービーに向かうと。だが、すべての馬に土がつき、 皐月賞1番人気のファンディーナは樫に出走できるかも怪しい状態だ。もう1頭、一部 で注目されていたルヴォワールも、ミモザ賞を楽勝した後に脚元を腫らして、春を全休 せざるを得なくなった。ただ、新興勢力の台頭がないなかでは、オークスは例年通り、 桜花賞組が上位を争うことになると考える。順当ならソウルスターリング、アドマイヤ ミヤビ、リスグラシューが力は上だと思うが、牝馬は一度、体調面で躓くと、立て直し は容易ではない。中間、しっかりと負荷をかけられるか、調子を見極めなくてはならな い。つい先日まで、これほどオークスが混沌とするとは思っていなかったわけで、改め てクラシックは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

フローラS予想 2017

オークスへの出走権を賭けたフローラS。 人気でもホウオウパフュームを軸に据えないわけにはいかない。 前走の寒竹賞は大外一気で牡馬をなで斬りにする強い内容だった。 レースの上がり3ハロンは「12.3-12.0-11.8-11.5」と加速するラップだったが、 最後は流す余裕がありつつ2分1秒5でゴール。 翌週の京成杯よりも1秒速かった。 寒竹賞の後は桜花賞には目もくれず、オークスを狙って休養に入っていた。 前々走の未勝利戦は東京で勝ち上がったように左回りも心配はない。 むしろ、府中で好走するハーツクライ産駒であることを考えれば、 より高いパフォーマンスを発揮できる可能性もある。好枠から差し切り勝ちを収めるとみた。 相手は順当ならフローレスマジックか。東京のアルテミスSでリスグラシューの2着と 好走している実力馬。ただ、追い切りで気難しいところを見せたのが気がかり。 凡走もあり得る。出遅れ癖で展開次第ではあるが、共同通信杯でも良いところがあった ビルズトレジャーが穴。以下、ファンディーナに食い下がったタガノアスワド、 底を見せていないレッドコルディス、阪神JF4着のディーパワンサなどをあげておく。

◎ホウオウパフューム ○フローレスマジック ▲ビルズトレジャー
△タガノアスワド、レッドコルディス、ディーパワンサ、キャナルストリート

| | コメント (0)

2017.04.18

皐月賞回顧 アルアインが叩き合い制す 
松山の“剥き出しの必死さ”ゆえに勝利は尊い

桜花賞に続いて皐月賞も馬場が勝敗をわける結果になった。 前週までの重い馬場とは打って変わって、中山は最終週には似つかわしくない高速馬場。 芝2000メートルでは土曜の未勝利が2分0秒4、日曜の1000万特別が1分58秒7の勝ち時計だった。 外を回さなければならない差し馬の勝機は、かなり低くなることが予測された。 レースはアダムバローズが逃げ、トラスト、クリンチャーが続いた。 注目の岩田ファンディーナはアルアインと併走しながら内の4、5番手を進む。 その直後にダンビュライト。1000メートル通過は59秒フラットと締まった流れに。 だが、この速い馬場を考えれば、ダンビュライトあたりまでが有利なポジショニング だったのではなかろうか。後方に位置していたデムーロのペルシアンナイトも向こう正面から 動き始めた。勝負所は3、4コーナー。武豊のダンビュライトはファンディーナに 外から並びかけて蓋をし、本命馬にプレッシャーをかける。 一方、松山のアルアイン。一瞬、馬場に脚をとられて手応えが怪しくなり、先団と距離が開いた。 しかし、松山の叱咤に応えて再加速。 内から上がってきた僚馬ペルシアンナイトに進路を譲らず、 馬体をぶつけるようにして4コーナーを回った。

この後の直線、ファンディーナはダンビュライトに交わされて失速。 ペルシアンナイトとアルアインはクリンチャーを挟んで内外から伸びるが、 人気薄のアルアインのほうが叩き合いを制した。前後半59.0-58.8の平均ペースで、 時計は1分57秒8と去年のディーマジェスティをコンマ1秒上回るレースレコード。 高速馬場での持久力勝負はステップにした毎日杯も同じで、 スピード、スタミナを併せ持つ馬だからこそ勝つことができたと言っていい。 それに松山のファイトあふれる騎乗も恐れ入った。4コーナー、同厩舎の人気馬に対して 外から被せに行くなど大レースであるほど躊躇するはず。 もしアルアインが負け、ペルシアンナイトも他馬に遅れを取ったならば非難されて仕方がない。 だが、クラシックで頂点に立ちたいと欲すれば、なりふり構わず、どこかでリスクを取らなくてはならないのだ。 松山は序盤から本命馬をマークし、勝負所では僚馬にさえ激しく競りかけた。 勝ちたい気持ちを剥き出しにし、馬の力が尽き果てるまで追い続けた。 その純粋な必死さ故に勝ち得た、初めてのG1タイトル。若き獅子の涙は尊い。

尤も、皐月賞は激戦だったわけで、毎日杯から速い時計で連勝したアルアインが 万全の体調でダービーに向かえるかは冷静に考える必要があろう。 易易と二冠とはいかない。2着ペルシアンナイトは道中で脚を使いながら、 直線で一度は完全に抜け出した。能力は相当に高く、皐月賞の反動がなければダービーでも有力候補だ。 3着ダンビュライト。長く脚を使える特徴を武豊が最大限、活かした。 4着クリンチャー。すみれSの好内容がフロックでないことを証明した。 5着にホープフルS以来だったレイデオロ。道中は16番手。後方から追い込んだだけで、 最初から勝負に参加する気はなかった。使われて本番は良化する。 6着スワーヴリチャードも皐月賞は視界になかったよう。 これまでのレースぶりから右回りは苦手で、今回もずっと右手前で走っていた。 得意の左回りに変われば、レースぶりは見違えるものになるだろう。 皐月賞を流した分、ダービーでは最有力候補になるのかと思う。 7着はファンディーナ。初めてのハイラップ、牡馬から与え続けられたプレッシャー、 年明け4戦目のローテなど、厳しい状況が重なったなかで良く走っている。 完成するのはまだ先で、次走はどこであれ、体調を第一にじっくり成長を促してほしい。

| | コメント (0)

2017.04.16

皐月賞予想 2017

牡馬クラシックの第一関門、皐月賞。 だが、1番人気は紅一点、69年ぶりに牝馬優勝を狙うファンディーナ。 これまで3戦無敗で、どれも内容は圧巻だった。 本命を打って歴史的瞬間を見届けるのが正統派かもしれない。 だが、春先の3歳牝馬としては厳しいローテーションや2度の長距離輸送など、 重箱の隅をつつくようでも不安材料がないわけではない。 実力は認めつつ、馬券はオッズのつくところからいく。 ◎はペルシアンナイト。ここまで5戦3勝。取りこぼしはスローで口を割り、 仕掛け遅れたアイビーS(勝ち馬はソウルスターリング)。それに道悪に殺されたシンザン記念と 敗因ははっきりしている。この馬の強さを再認識させられたのは前走のアーリントンC。 外から追い込み、ムチ一発で後続を3馬身も突き放してしまったのだから。 15年前の勝ち馬、タニノギムレットを彷彿とさせるレースだった。 ここ3戦はマイルを使われているが、血統的にも距離伸びて良いはず。 鞍上のデムーロは去年、強風のなかペースを読み違えてリオンディーズを暴走させてしまったが、 本来は皐月賞4勝と勝ち方を熟知している男。 今週の中山は最終週でも内が伸びる馬場状態なら、有力馬を見ながら脚を溜められる7番枠は悪くない。 相手は共同通信杯から直行するスワーヴリチャード。 時計、勝ち方とも皐月賞を制するに相応しいが、右回りが苦手でトップスピードに乗るまでに ワンテンポ遅れそうな分、ペルシアンナイトを上位に取った。もっとも、7倍もつくなら単勝は抑えておきたい。 次位にファンディーナ。ここまでが3強。 以下、前残りならアルアイン、体調不良でスプリングSを勝ったウインブライト、 ブリンカーを工夫してくるプラチナヴォイスらが波乱候補か。

◎ペルシアンナイト ○スワーヴリチャード ▲ファンディーナ
△アルアイン、ウインブライト、プラチナヴォイス、カデナ、レイデオロ

| | コメント (0)

2017.04.13

ファンディーナとソウルスターリング 強すぎる牝馬に悩む

桜花賞は単勝1.4倍の1番人気に推されていたソウルスターリングが敗れ、 波乱の結果となった。過去5年、1番人気で連対したのはハープスターだけだが、 去年のメジャーエンブレム(1.5倍)、一昨年のルージュバック(1.6倍) と3年連続で圧倒的人気馬が“飛んだ”ことになる。 阪神JF、チューリップ賞と同じ舞台で快勝してきたソウルスターリングに死角はないはずだった。 だが、前日からの雨が馬場を湿らせ、同馬はいつもの差し脚を繰り出すことができなかった。 大跳びのベタ爪で滑るような馬場はからっきし下手だったのだ。 振り返れば、雨の影響が残っていた札幌のデビュー戦はクビ差の辛勝と、 ソウルスターリングが最も苦戦したレースだった。しかし、単勝3000万円の大口投票があったとの情報や、 「母はモンズーンの仔だから重馬場でも問題ない」との陣営コメントから、 リスクを過小評価してしまったように思えてならない。 馬場の読み方が難解だったこともあって、こうした正常性バイアスに私も絡め取られてしまった。 それでも、完全に勝負付けの済んでいたレーヌミノルを上位に取ることはできなかっただろう。 わずかに一口馬のリスグラシューから流していた馬券があたったが、予想は完敗だった。

ソウルスターリングはオークスに向かう。樫は距離延長を欲すリスグラシューと好勝負になるはずだ。 桜花賞のリスグラシューはエンジンのかかりが遅く、 勝負所で置かれてしまったのが痛かった。アルテミスSを快勝を見れば分かるように、 パフォーマンスは府中でいっそう上がるだろう。 2番人気のアドマイヤミヤビも大跳びで、馬場にまったく対応できなかった。 オークスは桜花賞で大敗していても巻き返し可能なレースで、 アドマイヤミヤビも立て直してくるのではないか。さて、今週は皐月賞。 1番人気が予想されるのは牝馬のファンディーナという前代未聞の事態である。 前回、牝馬が皐月賞を制したのは1948年のヒデヒカリまで遡らねばならない。 入着も1991年のダンスダンスダンス(5着)以来ない。 まして1月22日の年明けデビューで、これより遅いデビューで皐月賞を勝ったのは現代では 1988年のヤエノムテキぐらいだ。だが、フラワーCまで3連勝したレースの中身を鑑みれば、 常識やデータなど些末な揚げ足取りにしか見えないのも事実。 今週、重馬場の坂路での追い切りも好時計をマークし、仕上げに抜かりもないようだ。 「1番人気の年明けデビューの牝馬が勝てるわけがない」のか、 「規格外の勝ちっぷりから皐月賞も負けるわけがない」のか。正常性バイアスもダブルバインドで馬券は悩ましい。

| | コメント (0)

2017.04.09

桜花賞予想 2017

2017年のクラシックが始まる。 桜花賞はソウルスターリングが1番人気。 前売りで3000万円もの大口投票が入ったこともあって、 単勝は1.1-1.2倍という圧倒的な支持を得ている。 死角はないのか? 去年暮れ、阪神JFのパドックで初めて生で馬体を見たとき、 牝馬離れした筋骨隆々の姿に驚かされた。オーラは超一流マイラーのそれ。 懸念とされた折り合いもチューリップ賞であっさりクリアしてしまった。 チューリップ賞の勝ち時計、1分33秒2は桜花賞レコードを上回る。 近年の桜は外枠有利なのも、14番枠に入ったソウルスターリングを後押しする。 心配なのは雨で渋った馬場がどこまで回復するかだが、 母スタセリタはロンシャンの重馬場のG1を快勝しており対応できるだろう。 ちなみにスタセリタはルメールとのコンビで仏オークスも制している。 相手はリスグラシュー。この一口オーナーとしては何としても勝ってもらいたいが、 適性はオークスのほうが高いのも事実。ただ、仕上げ途上だったチューリップ賞より、 ずっと良化していることは間違いなく、逆転の可能性はあると思う。 単穴にアドマイヤミヤビ。この馬もマイルは忙しい感じだが、能力的にはソウルスターリングに 劣るところない。以下、底を見せていないミスパンテール、重馬場得意のライジングリーズンまで印を回す。

◎ソウルスターリング ○リスグラシュー ▲アドマイヤミヤビ
△ミスパンテール、ライジングリーズン

| | コメント (0)

2017.04.05

復活する地方競馬
高知は売上レコード、名古屋は新競馬場建設へ

先月で2016年度の開催を終了した高知競馬。 売り上げ額は8年連続上昇して253億3177万円となり、 バブル景気末の1991年に記録した220億円余を上回る過去最高額に達した。 かつて、高知競馬は存廃の危機に瀕し、ハルウララブームで一時的に持ち直したものの、 新たな負債が発生すれば廃止という綱渡り経営を強いられてきた。 名物の交流重賞、黒船賞の賞金が足りずに「かいばおけ支援金」をファンから募って 物議を醸したのは10年前のことだ。 だが、2009年に通年ナイター競馬「夜さ恋ナイター」を開始してから売り上げは上昇に転じた。 そして、最も大きな影響を与えたのが2012年10月から導入された、 JRAのIPATによる馬券販売だった。 本場での売り上げが横ばいの一方、ネット販売は急伸。 8割以上をIPAT、SPAT、オッズパーク、楽天競馬での販売が占めるまでになったのだ。 8年前に40億円を割っていた売り上げは、6倍以上に膨れ上がった。

好調なのは高知だけではない。すべての地方競馬がIPATのおかげで上昇カーブを描いている。 去年暮れの大井、東京大賞典が37億円余の1レースあたりの売上レコード を更新したのも象徴的な出来事だった。 昨年度、4億円の黒字だった佐賀競馬は19年ぶりに自治体へ配分金を支出し、 「地方財政に寄与する」大義名分を果たすことになった。 ネット販売が初めて6割を超えた金沢競馬は5年連続黒字。 同8割のホッカイドウ競馬は25年ぶりの8億円の黒字。 また、名古屋競馬は弥富トレセンにナイターも可能な新競馬場を建設することを発表した。 地方競馬の復活。バラバラだった各場が共同でトータリゼータシステムを構築し、 中央競馬との相互発売を実現したことが実を結んでいる。 廃止ラッシュを生き残った地方競馬には、あのときの苦難を糧にして頑張ってほしい。 何かと“記録”で話題をつくることが得意な高知競馬では、先週、 6歳でデビュー戦を迎えたメモリーバッカスが2着に好走した。生産者はファンディーナ、インカンテーションの谷川牧場。注目してみたい。

| | コメント (0)

2017.04.04

G1大阪杯は貫禄勝ち キタサンブラックが初代王者に

G1に昇格して初めての大阪杯は、王者キタサンブラックが完勝。まざまざと力の差を見せつけた。戦前、マルターズアポジーがハイラップで引っ張り、ライバルたちもキタサンブラックを目標にして早めに仕掛けられるのではないかとの見方があった。雨が残るかもしれないという思いもあって、私もキタサンブラックを負かすチャンスのありそうな馬を探した。しかし、すべては徒労だった。マルターズアポジーは1000メートル59秒6の平均ペースを刻み、キタサンブラックはロードヴァンドールを挟んで離れた3番手。まったく楽なペースで追走していた。その後ろにいたサトノクラウンは動かない。マカヒキ、アンビシャスは後方待機だ。そんな展開を見越していたのか、武豊は格が違うのだといわんばかりの横綱競馬。直線、悠々と先頭に立つと、危なげなく先頭でゴールし、付け入る隙を与えなかった。

すべて流れがキタサンブラックに向いたのは確かだが、それは実力差が大きくライバルたちが何ら策を講じられなかった結果だ。貫禄勝ちとは、こういうことを言うのだろう。晴天で馬場の乾きが早かったのも、強者が運を引きつけたからのように感じる。次走は天皇賞春。サトノダイヤモンドに挑むキタサンブラックにとって、大阪杯は例年と同じく、勝つことが当然のステップレースだった。圧倒的な強さに北島三郎オーナーが年内引退を撤回したのも頷ける。2着はステファノス。キタサンブラックをマークして積極的に勝負に行ってのものだけに価値がある。3着ヤマカツエースも力をつけてはいる。4着マカヒキは鞍上のルメール曰く「もし内枠だったら2、3着はあった」。勝ち負けを期待したファンにとっては満足いかないコメントだろう。本来のデキを取り戻すには、もう少し時間がかかりそうだ。5着アンビシャス。乗り方の難しい馬で、先へ出していくとかかってしまう。去年、先行してキタサンブラックを降した大阪杯は神がかり的騎乗で、今回は追い込みに賭けたが展開頼みだった。6着サトノクラウンはマイナス12キロ。気負いが目立った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«大阪杯予想 2017